荒川区の歯医者「朝日出歯科医院」TOP > 入れ歯

入れ歯

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット

歯が抜けてしまった場合に行われる一般的な治療が入れ歯治療です。入れ歯には「咬みにくい」「着け心地が悪い」「すぐに外れそう」など、マイナスイメージをお持ちの方が多いですが、最近では質の高い入れ歯が多数登場しています。特に自費診療の入れ歯なら、豊富な素材・種類から選ぶことができ、ぴったり合う理想的な入れ歯が手に入ります。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリット

入れ歯のデメリット

入れ歯のデメリット

入れ歯の種類

入れ歯の種類

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険診療の入れ歯

歯茎に接する部分がプラスチックでできているため修理は簡単ですが、分厚く、壊れやすいのが弱点です。吸水性があるため、においや汚れが付きやすく変色することがあります。食べ物の温度を感じにくく、違和感があります。

自費診療の金属床義歯

自費診療の金属床義歯

歯茎に接する部分が金属でできています。プラスチックよりも薄く作製できるため違和感がありません。食べ物の味や温度をしっかりと感じることができ、おいしく食事を楽しむことができます。丈夫である反面、壊れたときに修理しにくいのがデメリットです。

自費診療のノンクラスプデンチャー

自費診療のノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しない入れ歯です。見た目は入れ歯を装着しているようには見えず、金属を使っていないので金属アレルギーの方でも心配ありません。弾力があり、衝撃に強いのが特長です。非常に薄くつくることができるため、装着時の違和感が少ないです。