荒川区の歯医者「朝日出歯科医院」TOP > 一般歯科

一般歯科

虫歯とは?

一般歯科でもっとも多く行われる治療は虫歯治療です。今までに虫歯にかかったことがないという方はほとんどいないでしょう。それほど多くの方にとって身近な「虫歯」ですが、一体どのような病気なのでしょうか?

虫歯は、口腔内のプラーク(細菌の塊)によって歯が溶かされる病気です。自然治癒することはなく、放置するとどんどん悪化していきます。最終的には歯を失うことにもなりかねません。

虫歯の進行と治療

虫歯にかかってもはじめは自覚症状がありません。ですが、放置することで進行し、歯が痛み出した頃には重症になっていることがほとんどです。虫歯は早期発見と早期治療が重要。少しでも「虫歯かも?」と不安な方は、以下のチャートで症状を確かめてみましょう。

C0 脱灰

C0 脱灰

最初期の虫歯。痛みはまったくないが、歯の溝が少しだけ白濁する。正しいブラッシングによって治癒する。

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が溶けた状態。痛みはないが、自然治癒することはないため治療が必要。虫歯部分を削って詰め物をするのが一般的な治療法。

C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

エナメル質の奥にある象牙質にまで虫歯が達した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになる。虫歯部分を削って詰め物をするのが一般的な治療法。

C3 神経の虫歯

C3 神経の虫歯

虫歯が象牙質の奥にある神経にまで達した状態。常に激しい痛みを感じるようになる。神経を除去してから、被せ物をするのが一般的な治療法。

C4 歯根の虫歯

C4 歯根の虫歯

虫歯が歯根まで達した状態。化膿を引き起こし、多くの場合、抜歯が必要になる。抜歯後は入れ歯インプラントによって失った歯を回復する。

歯周病とは?

歯周病とは?

歯を失う原因の第1位──それは虫歯ではなく「歯周病」であることをご存知ですか?

歯周病は、プラークから発生した歯周病菌によって歯茎が腫れ、顎の骨が溶かされ、最終的に歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。日本では、80歳以上の方は平均4~5本しか自分の歯が残っていないというデータがあります。これは加齢によるものではなく、そのほとんどが歯周病によるものなのです。

歯周病の進行

虫歯同様に、歯周病も初期段階の自覚症状がない病気です。目安として、ブラッシングの際に歯茎から出血するようであれば歯周病のおそれがあります。また、歯茎の腫れや化膿、歯のグラつきがあるようなら、ほぼ間違いなく歯周病ですので早めの治療が必要です。

毎日のブラッシングを丁寧に行うだけでなく、定期検診に通ってケアすることが歯周病対策の基本になります。